日本の祭と神賑 〜京都・摂河泉の祭具から読み解く祈りのかたち〜

2,160円(内税)

在庫状況 △

購入数

森田玲 著

多彩に展開する現代日本の祭を、まず神事と神賑行事に分類し、カミとヒトが
織りなす基本構造から図解。

神輿・提灯・太鼓台・地車・唐獅子などの祭具が、神事と密接に関係しながら
も、人々の楽しみに応えて発達してきた歴史を明らかにする。

京都と大阪(摂津・河内・和泉)を中心に日本各地を旺盛にフィールドワークし
た成果から、人々が熱狂する祭の本質と新たな魅力を描き出す。

オリジナル図版、写真、貴重史料も多数収載。

【目次】
・序章 図説・祭のかたちを読み解く
・第一章 祭の構造
・第二章 神輿
・第三章 御迎提灯
・第四章 太鼓台
・第五章 地車
・第六章 唐獅子
・第七章 祭のフィールドワーク
・第八章 祭は誰のものか
・資料編

イメージはありません。